So-net無料ブログ作成

卒業50年目 [雑記]

2019年は高校を卒業して50年目になります。卒業年度の同窓会では秋には小旅行も計画されているとのことです。出欠確認の葉書を幹事の方から2度もいただき、恐縮するばかりでしたが、今回は家庭の事情で参加は出来ないので不参加の葉書を出しました。(理由に「老婦老夫なれば」と書いたけれど幹事さんも同じ年だった!?)

メイルもいただき、記された同年度の同窓会のHPを見てみると、2019年新年会の写真が上がってました。40名くらいかな。懐かしい人も居ます。(わからない人が多い?まっ、同窓会は功成り遂げた人の集まりかもね?!私は・・50年で2度だけの出席でほぼ無縁組です。)


物故者の名簿を見ていて、同じクラスだったK君が(最近)亡くなっていました。50余年前のある時、彼の自宅の改築時に(本当に偶然にも)私の実家の隣に越してきたのでした。え~っ!だったな。勉強家でね~。彼の、来る日も来る日も勉強をしている姿が見えておりました。私は「何だかなぁ同じクラスでもあれだけ勉強するのかぁ・・まぁ出来も違うけどねぇ」と犬小屋の前で空を見上げて少し自嘲気味にそう呟いておりましたな。

彼が国立大学の医学部を出て医者になっていたのを知ったのは65才を過ぎたある日でした。(そりゃそうです、30才~50才半ばまでは自分の仕事と生活で一杯一杯でしたもの。昔のクラスメートの消息など知る余裕もありませんでした。)

「K君、医者なのに、死ぬのが少し早かったのじゃないかい・・」と、思わず空を見上げてしまいました。でも、呟いたのは「でもさ、K君、素晴らしい人生だっただろうな」と。数えの古希になりますと、人生を少し解りかけるような気がしています。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。