So-net無料ブログ作成

その後のデジタル通信(24) [アマチュア無線]

少し寄り道です。

圧縮を展開した15GB超えのファイルを16GBのカードに焼くにはどうするか、です。

16GBのmicroSDは値段も安価です。最近購入したものではしっかりした(と私は思っておりますが)のでも四捨五入では¥400というものがありました。

以下は原理も知らない、知識もない私が見よう見まねで実験した記録(事の顛末の方がピタリです。)です。


 
Windowsに慣れた私の頭では、15GB超えはファイルは16GB(有効?な容量は14.8GBくらいだったかな?)にコピーしようとすれば最初に蹴にられると思い込んでおりました。

15GB超えと言っても中身は7GBくらいです。カードの残りの空白部分を続きとして見なして全体で約15GBのカードを読み出して.imgファイルとしている訳ですから、空白部分を削れば良いのではないかと思い、最初に試したのはスクリプトで空白部分を目一杯削ることでした。

これはLinux上で行います。ただ、オリジナルのカードからimgファイルとして読み出しをしたのはWindows PCでの作業でした。出来上がったファイルを32GBのUSBメモリー・スティックに入れようとしたら、ファイルのボリュームが大きすぎるとエラー・メッセージが出ました。

う~ん??

どうやらFAT32でフォーマットしたUSBメモリー・スティックでは駄目なようです。忘れていました。そうかそうだった・・。USBメモリー・スティックをWindowsで馴染みの(いつも使っている)NTFSでフォーマットし直してファイルを入れました。で、UBUNTUを臨時に入れてLinuxPCとして動かしているラップトップに挿してみると、NTFSフォーマットを認識しません。あ~?あ~あ・・ガッカリです。

(気を取り直して)調べてみますと、LinuxPCに「NTFS-3g」というソフトをインストールすればLinux上でもNTFSフォーマットを認識するとのこと。早速インストールしますと、USBメモリー・スティックは無事認識をしてくれました。

あとはスクリプトで処理をしてオートで空白部分を削ぐ?作業をしてみました。7GB位まで削れました。これを更に7-zで圧縮すると(ええと、正確には覚えてはいませんが)1GB台まで圧縮ができたと思います。この大きさだとどこかに(one_driveとかgoogle_drive)ファイルを置いて仲間にファイルをダウンロードしてもらう事も出来そうです。

ここまでのシュリンク作業=試行錯誤、に1日半を費やしました。

スクリプトで削る処理をしますと、どうも解凍->焼き込み?をしたmicroSDをラズベリー・パイに挿して起動させようとしても起動しない場合が出てきました。多分に私の作業に問題があるのでしょう。う~む、別の方法を探るしかないのかなぁ・・。

次に試したのはGPartedというソフトです。Windows版はあるのかどうかは知りませんが、このソフトは"削る程度"を自分で設定出来ます。例えば空白部分も入れて14GBに抑えれば16GBのSDカードにも入ると思います。この方法で14GBまで削った32GBのSDカードを挿してみますと起動しました。これをさらに調べた方法(EaseUSを使い)でクローンを作ってみましたが、上手く動きません。う~む。ややお手上げ状態です。

う~む・・と悩みました。NoraVRのソフトをいただいたOMへのメイルの片隅にこれまでのシュリンク作業を書いて八方塞がりですと書きましたら、返信で「Raspbianのアクセサリーの「SD Card Copier」を使えばオリジナルが32GBのカードでも自分で判断して16GBでも上手くすれば8GBにもコピー出来ますよ」と教えていただきました。

SD Card Copierは使った事がありますが、そんな機能があるとは知りませんでした。試しに15GB超えのファイルをコピーした32GBのSDカードをオリジナルとして16GBと8GBのSDカードにコピーをしてみましたら、難なくコピーが出来上がり、ラズベリー・パイに挿してみますと何事もなく起動しました。この作業は2時間くらいでした。

前半の約2日半のストラッグル(「苦悶」と自分で訳しましたわー。)は何だったのか?Windowsの常識は忘れることですかね~・・わかりませんけど。

Raspbianのデスクトップ画面が出るカードを用意しておいて必要な時はそれを立ち上げて、2つのカード・リーダー&ライターをUSB接続でぶら下げて(メーカー型式が違う方がコピー元とコピー先の区別がつけ易いです。)

Windowsの常識上例え無茶とも思える設定でも、SD Card Copierでコピーをしてみる、というのがあの3日間の結論です。

 

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。