So-net無料ブログ作成

その後のデジタル通信(22) [アマチュア無線]

NoraVRの続きになります。

ラズベリー・パイ3Bか3B+で動かしているNoraVRのソフトと、ポータブルAMBEサーバーの組み合わせで、受信が多い私の運用でしたのでそれなりの満足はしておりました。

漏れ聞く話(皆さんの交信を拝聴しておりますと)ではポータブルAMBEサーバーでのボーレートの230Kbpsでは送信時の音声処理が追いつかない「らしい」ようです。

それを解決するには、どうやら、DVstick30、ThumbDVと呼ばれるUSBスティック状の音声処理装置を使えばボーレートが倍の460Kbps上げられて、具合がよろしいらしいです。

ThumbDVは米国からの個人輸入になるようです。サイトを見ますと、4月の半ばまで在庫はないようです。う~む。



そんな折、DVstick30の共同購入の募集がありましたので、1個をお願い致しました。入るまで10日くらいだそうです。

待てないなぁ・・明日にでも実験をしたいなぁ。

そんな折、偶然にもオークションで出品されていたThumbDVを見つけ、2時間ほど考えましたが、えーいと落札してしまいました・・(あ~あ、僕は知らなーいっと!)

出品をされた方の要望として、受け取ったらすぐに動作チェックをして欲しいとありますが、どうやったら動作チェックが出来るのか?(後で思うと、Windows版のBlueDVで出来るのですけどね。その時は考えがそこに至らずに・・。)

ラズベリー・パイ3BでAMBEサーバーを作って、ThumbDVを挿す直前までの作業を終えていれば、実物が届いた後、それを挿して残りの作業をすれば動作確認はとれる筈です、ね。

NW Digital RadioのサイトにAMBEサーバーのハウツーが載っておりますので、それに沿って作業を進めました。で、ここでThumbDVを挿す、までが終わりThumbDVの到着を待ちました。

そして、翌日、ThumbDVが手もとに届きました。「おお、これが、あれ?か」とひととき眺めて、作業途中のAMBEサーバーに挿して残りの作業を終えました、無事AMBEサーバーが動き始めました。

気のせいか、聞こえてくる交信の皆様の声も少しクリアなような(あくまで、ような)気がしました。

一人でにんまりしていた時に、ある意味衝撃のニュースが入ってきました。ポータブルAMBEサーバーのボーレートを倍の460Kbpsへ上げる改造の記事でした・・(がーーーん、そうなのかぁ・・ThumbDVは無駄になるのかぁ・・??)

***いえいえ、無駄になんかなりませんでした。***



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。