So-net無料ブログ作成

その後のデジタル通信(20) [アマチュア無線]

NoraVRclient・・NoraVirtualRepeaterというらしいです。今のところはNoraGateway_v0.1.4a-PR16版の付録(?失礼ながら)として入っておりました。
NoraVRcl.jpgNoraGateway_v0.1.4a-PR16の説明文に埋め込まれている(!)URL先からアンドロイド・スマホにインストールしましたら、このようなアイコンが出来ました。

「これ、何だろう?」

呆然とただ眺めるだけでした。作者の方は「後日ソースコードなどを公開します・・」と書かれてましたが、私はソースコードを見ても何も解りませんし、出来れば使用方法をお願いしたい(それも詳しく)と願っておりましたが、数日間は何もアップされなかったようです。


「何も出来ないくせに気だけは短い」私は、自分でやってみるしかないぞ、と、先ずネットを検索しましたら、JG3EBB OMのサイトに「ThumbDVのAMBEサーバーで開通した」とありました。私が動かしているAMBEサーバーはリフレクター同好会から頒布のボータブルAMBEサーバーです。
「これをAMBEサーバーとして使用できるのかな?」(はい、私、そんなレベルです。)「出来るよね・・きっと」

何とかの考え何とかに・・なのでしょうが、随分な時間考え込みました。その頃、ちょうど定期の検診で病院に呼ばれた日が入っておりました。自分の呼び出し番号が出るまでの待ち時間、ずっとスケマチック(絵図)を考えてみました。

いつもは「病院というところは人を待たせて平気な処だなぁ」と不機嫌極まりない場所なのですけれども、今回はあっという間の待ち時間でした。(終わるまでの2時間半はいつもと変わらなかったのですけどね!)

(次は小さなPCを持参で(まだパズルのような気がする)Linuxの打ち込み練習をしたら更に待ち時間が短くなる?ですかね。)

(私、実体配線図的説明しか出来ません、悪しからず、です。)
NoraGatewayのソフトはラズベリーパイ3 Bで動かし、ポータブルAMBEサーバーとでNoraVRを動かすと決めて、その様にセットしてみました。
NoraGateway設定はNoraGateway.xmlの設定はルーティング以外は最初と最後だけを設定して使ってます。(レピーターの設定、COMポートの設定などは要らぬようです。routingはJapantrustとircDBBの両方は残してます。)
NoraVR_config22.jpg端末側(Client)は
①グローバルIPアドレス
②NoraVR(本体)が動いているラズベリー・パイのIPアドレスでポート52161を開ける。
③NoraGateway.xmlで設定したコールサイン
④  ”     ” で設定したパスワード

(portable AMBEserverのポート2460も確認。)




NoraVR_hyou22.jpg

順番は逆ですが、表紙?です。
上の右側の「connected」はNoraVRに繋がっている事を表してます。
MY CALLには自分のコールサイン、YOUR CALL
には繋ぎたいコールサインです。(YOUR CALLは手書きなので、メモ帳に記述しておき、都度コピー&ペーストで使っています。)


どんな使い方が出来る??


3月某日
このスマホとBlueToothのヘッドセットでレフレクターを聞きながら掃除機を掛けていましたら、NoraGatewayの作者の方が短時間のQSOに出てこられまして、生声を拝聴致しました。「おー、この方が作者の方かぁ。」(私とは40年以上の年齢差?くらいお若かったですなぁ。)なんだか楽しい1日になりました。

3月某日未明
午前4時の近くの公園で、ウォーキング途中の毎回ストレッチをする場所で、ポケットから取り出したスマホを自宅のNoraVRにコネクトし、YOUR CALLにJJ0TPX Fを入れ恐る恐る画面のスイッチをスワイプ(カーチャンク)したら無事に自動応答が返ってきました。受信がOKなのだから送信はオッケーだよな論法でいきますと、野外でD-Starででもアクセスが出来たことになります。
(使用しているスマートホンはSH-04HでAndroid8.0です。)

設定、使用方法など、本当に正しいのかどうかはわかりません・・でも、動いておりますので、それで良い事にしております。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。