So-net無料ブログ作成
バイク ブログトップ

番組名「それでもバイクに乗る理由」 [バイク]

N*Kにドキュメント72時間という番組があります。先日放映の題名は「それでもバイクに乗る理由」でした。その1週間前の番組の最後に流れた予告を見てからは「どんな番組になるのかな。俺の”それでもバイクに乗る理由”は何だろうな」と時々考えてました。でも、私が48年間ほぼ途切れることなく67才の今もバイクに乗っている理由をはっきりとは思いつきません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

浅間ミーティングの話 [バイク]


先日、バイクの修理をお願いしているショップのご主人がカレンダーを見ながらスケジュールの話をされて、その中で出てきたのは「古き二輪を愛でる会」でした。今でも続いているようです。

「古き2輪を愛でる会」(近畿圏での開催)・・もう40年も前の話になりますが、当時入っていた町のバイク・クラブが世話役になっての開催がありました。あの時私は28才だったかな。クラブ員では最年少でしたので、会場整理の役を仰せつかり、旧車で到着するバイカーの誘導をした覚えがあります。会の開催中はずっと駐車場で管理を担当しておりましたので、屋内の会場で行われた行事等は全く知りません。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

高速道路で先行車に置いていかれる・・ [バイク]


(また走行トラブルの話ですみません。)

あれぇ?おかしいなぁ・・先行の車のスピードが上がったぁ??

違いましたね、自分のバイクの速度が落ちたのでしたね。エンジンの回転は一緒なのに。最初は何が起きているのかわからずに、あれー?何だろう、でした。

先日のバイクショップでは、いろいろお世話になりましたので、持参するお礼は居住している市内のケーキ店の焼き菓子(美味しいです。)を午前中に車で買いに行き、昼食は野菜スープで割ったラーメン作って食べ、食器も洗って(ラーメンとちゃんこ鍋は私の担当です。食器洗いまでね。)午後1時過ぎ、「お土産入れた、ヘルメットもリュックにくくりつけた、腹も一杯(?)よーーし」ということで、バイクで出発しました。高速も使って40分の距離です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

バイクのクラッチが・・ [バイク]

ここは、神聖なバイクのコーナーだったのにな、颯爽とした走行話を書きたかったのに、また修理話です・・。

2017年9月下旬・・「2度目の栗を求めて・・」の帰路、自宅まで(あと)80mのところの小さな信号の赤信号で止まって、いざ出ようとしたら、クラッチが繋がらなくなりました(!)。う~ん・・今度はクラッチそのものか。

自宅まで少し登り傾斜がある道を、乾燥重量189Kgのバイクを(5回くらい)休み休みで自宅まで押してきました。この時には右足の膝裏の筋を1本・・痛めたかなぁ・・です。まぁ歩きは出来ます。(次の日の朝起きた時が怖いよ~。)

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

素敵なバイカー達(1) [バイク]

旅先の休憩時には2輪がやってくるとやはりそちらに目が行きます。高速のパーキングや道の駅、普通の道のパーキングなどです。

私らの20才代には女性ライダーはほとんど見かけませんでした。それでも三好礼子さんのような方も現れ始めてはいました。月刊の雑誌「Mr.Bike」に連載されていた三好さんの日本一周のバイク一人旅の連載は毎号の楽しみでした。(ググりますと)三好さんと私は7才違いのようですから、そうすると三好さんが20才の頃の、私が27くらいだった頃の連載だったのかな、です。時々、危ない目にも遭ったと書いてあり、ハラハラドキドキの号もあったように覚えてます。

今は、(単独の)女性ライダーはよく見ます。所謂「男前」の方々ですね。

以下は、北海道で撮ったライダーの皆様です。

bike_g_1.jpg幌加内の道の駅でパチリと。お話を聞くと、夏だけ幌加内町に来られているとか。関東ナンバーのBMWでした。着てらしたのは、確かオイル引きのベルスタッフだったかなぁ・・。(避暑だとすると羨ましい限りです。)




bike_2.jpg高速道路(長万部付近)を走りながら夕陽を撮りたくて私の目は前方、カメラのレンズは右側の夕陽を撮ろうと勘でシャッターを切ったらライダーが写ってました。(2008年)






bike_12.jpg稚内への道の途中で出会ったオフロード・モデルのbike_guyとロード・モデルのbike_girlのカップルでした。なんだかいいですね~、でした。背景の雲の高度の低いこと!(2014年)



bike_g_2.jpg蘭越の道の駅で話しかけたら韓国の方でした。とても日本語が上手な(イケメンの)方でした。彼のバイクは最新のハーレーだそうです。(当然インジェクションです・・インジェクションに劣等感有りの私。)。釜山から下関にフェリーで渡って、陸路を青森まで走りフェリーで函館から入った北海道だそうです。「北海道は寒いです~」と言いながら走り去って行きました。ナンバー・プレートは韓国ナンバーのままです。3ヶ月間有効の強制賠償保険のステッカーを貼ればそのまま日本を走れるそうです。(2015年)


バイク ブログトップ