So-net無料ブログ作成
検索選択

飢餓海峡(映画・シーン) [映画・音楽]

この映画は1965年の公開ですから、封切られて間もなくの、確か15才(中三)の時に父親に連れられて2人で見に行きました。台詞ではありません。場面です。


陽炎の中を1人の男が歩いてきます。伴淳三郎さん演じる刑事です。脱いだ上着を手にしてハンカチで汗を拭きながらです。遠くからこちらへ歩いてくる場面です。


三國連太郎さん演じる主人公が逃亡途中に青森の旅館での左幸子さん演じる娼婦とのシーンでは、中三の私は「僕はこのシーンを見てよかっちゃろか」と気にして周りの大人を見回しましたら、大人のおじさん達の目はスクリーンに釘付けでした。それほど左幸子さんの迫真の演技だったように覚えてます。(左幸子さんの「砂の女」も父親に連れられて中学生の頃行った覚えがあります。こちらの映画は、映画館を出た時に「なんか疲れたなぁ」と思ったのを覚えてます。内容はほとんど覚えていません。R15とかR12などはなかった時代です。18才未満禁止=18禁、はあったと思います。昔のとうちゃんは無敵でしたね。おう、俺が子供を連れてきたとバイ、文句あるや?みたいな。)

映画を観てから5年か6年が経った私が20才の頃(1970年頃かな)、羽田から新橋へのモノレールの4人掛対面シートの窓際に(今、思い出すとお洒落なカシミヤコートを着て・・でも、その頃はカシミヤなんて知りもしませんからお洒落なコートを着てらっしゃると思いました。)伴淳三郎さんと思しき(失礼ながら、ほくろの位置などで)人が座りました。隣にはマネージャーか付き人かの若い人です。私は一人で乗っていて斜め前の通路側でした。

「あっ、あの陽炎の中からゆら~っと登場した伴淳三郎さんだぁ」と少し憧れの目でお顔をこっそり見た積もりだったのですが、伴淳三郎さんは2度くらい、あの黒縁メガネを通してぎろりと私を見ました。伴淳三郎さんの目には私はどう映ったのか・・単に目に入っただけだったのでしょうが、私には忘れられない実シーンの一つです。


(余談・・録っていた映画を観て場面を確認しようとしましたが、上記のシーンが出て来ません・・183分バージョンです。確かにあのシーンは50年経った今も覚えているのですが・・。)



幸福の黄色いハンカチ(映画・台詞) [映画・音楽]

後半の、夜遅くに旅館に入り3人で話すシーンがあります。健さん演じるゆうさんが自分で自分をなじるシーンでは


「どうして、おれ、こう、こんな
やくざな性分にうまれついたん(の)かなぁ
死ぬまで直らんのかなぁ俺の一生・・」
映画「幸福の黄色いハンカチ」より)


=====================
私は一応、日本のネイティブですから、邦画だと細部を聞き分けられる(筈な)ので、著作権との絡みがあるとして、映画から台詞を耳で聴いてここに抜き書きするのがセーフなのかアウトなのかは不明です。アウトだよのご指摘があれば引っ込めます。(洋画の場合の”台詞の引用”は、ほとんどの場合、間違っていると思いますので問題はないかと。
=====================


一字一句は自信がありませんが、少し九州の言い回しが入っている筈です。健さんは「川筋」の血を受け継いでいる人です。(私の家内にも川筋の血が(濃く)入っております。すげぇ怖いです!一言も発せずに居合い抜きみたいに斬られます。もう10数回斬り捨ておかれ?ました。)台本通りに喋っても、少し九州の言葉の使い方になるのではないかなと思います。

私も同じような一人台詞を吐いた事が何度か=多々!、あります。「これは”血”やろか・・なんでこうなるんか・・きっとオヤジやろ・・遺伝やろ」(98%はあの話です・・?!)と、遺伝のせいにして逃げておりました.。でも、いま振り返ると、オヤジさんが悪いのではなく、単に私が悪いだけだったのに、ですね。

この映画は好きでしたので、初期の北海道の旅では、夕張、新得にもよく寄ってました。新得警察署の渥美清さん演じる係長の、自分のこの先の警察官人生を「まぁ、おれも、こんなもんじゃないのぉ」という台詞で語るシーンも好きです。ロケの警察署はどこにあったのだろうかと、想像しながら今の新得警察署近くで車を駐めて、休憩した覚えがあります。新得には美味しい蕎麦屋さんもありますし。(何でも、JR新得駅の駅蕎麦は本格的な蕎麦らしい、です。しまった!行けば良かった、です。)

最後のシーンの夕張のロケ地にも一度だけ行きましたが、遠目に見て、う~ん・・少し私のイメージと違ったので、料金も払わずに引き返しました。あっ、釧路湿原の官営?展望台も入場券売り場で引き返しました・・心情は同じでした。

430MHz 7エレ八木 [アマチュア無線]

カンバック・ハム・・訳もわからずデジタルに挑戦・・読んでも為にはならんですシリーズ・・3(工作篇)

副題が長くなってきました。あちこちに”逃げ”を設けだしているのかも(?)

430MHzのアンテナをいろいろ実験をした結果、性能的には、

自作6エレ < 昔のマルドル3エレ 

となるようです。なんとも悔しいのですが、古いとは言え、さすが製品版です。このマルドル八木は今年の2月にBSの受信の調子が悪くなった時(グラミー賞の授賞式中継当日でした・・なんでさぁ!よりよってこんな日に!・・グラミーとアカデミーの為に1年待っているのに~)天井裏のアンテナのブースターを点検した時に、ひょいと横を見ると430MHzの3エレがあったのです。13年前までの第一次アマチュア無線史の最後の10年くらいは1.2GHzオンリーで、430MHzなんて出もしなかったのになぁ・・なんでマルドル3エレを持っていたのだろうか?今これが430MHzのノード局とのやりとりの基準アンテナになっています。時に不思議な事は起きます。

今、使用させていただいているノード局まで4~5Kmです。こちらは5Wです。ところがこの地では時間によってはノード局の周波数(430.70~430.96くらいまで)と同じ周波数に、会話から推察するとdumpカーで、車体の大きさと同じく出力もハイパワーです。まさにdump!!なのですが、近場を通過された時は諦めるとして、遠い時は、何とかかいくぐりたいな、ということで、マルドルの5エレなどを狙ってYahooオークションで入札を繰り返しましたが、アマチュア無線関係品のオークションでは12戦11敗の成績です。

私の「一度手垢が付いたら半額さ」という価値観は現代では通用しないみたいです。「サビが出たアンテナに皆さんそんなに出すのぉ~・・」。悔しがっても仕方がないので、いつか落札出来ることを願って、とりあえずは自分でやってみようシリーズで製作することにします。

今回は7エレ八木です。材料のエレメントとブーム関係はホームセンターで入手。一部、ラジコン部品からの流用ありです。参考にさせていただいたのはネットの記事です。ケーブルは相変わらずの7mの気にしないケーブルです。(工作場所は例のアジトです。)出来上がりは何だか”いい感じ~”です。

手で持って測定しましたら、やっと

マルドル3エレ < 自作7エレ

になりました。

7ele_430_1.jpg最初は、カーテンレールにぶら下げていたのですが、横を通る度に頭に引っかけます。禿げている頭にはつらいので、リビングのテレビを置いているコーナーにぶら下げました。後ろの額と皿は家人の旅行の思い出の品らしいです。熊の小さな人形も家人がテレビの上に置いたものです。

家人曰く「見栄えがワヤやわ~」・・はい、すみませんです。しかし、信号は安定してます。

同一場所の測定ではないのですが、ノード局の信号は

自作6エレ:S=5 < マルドル3エレ:S=5.5 < 自作7エレ:S=6

の結果になりました。

その後のデジタル通信(2) [アマチュア無線]

サブタイトル・・老害か?

3月中旬、引き続きワッチの時間が多い状態が続いております。しかし、このブログのどこかに書きましたが、カンバック・ハム(再開局)にもの申す、という若い人の気持ちもわからんでもないなぁみたいな運用を耳にする機会も時々あります。

コールサイン的には大OM(恐らく私より10才は上だと思いますが)局の「連絡用に俺が使うのだから」という雰囲気が”大”の、送信もよく聞きます。大OMから大OMへの呼び出し・・携帯を使えばいいのにね?!・・う~ん、一種の老害ですな。早く引っ込んでくれと願うばかりですが、反面教師とすべきですなぁ。(こんな局に限って、外国からの日本人局にはよく食いついておりますなぁ・・。いたよ、以前の会社にこんな人って、いたいた。あっ、別に外国からの局が悪いとは言っておりませんので、これは念の為です。)

こんな交信が始まった時は、ヘッドホンを外して、受信ランプ消えるまで放っておきます。

若い方でも好感が持てる方はいらっしゃいますね。ある時のその若い方の交信相手の方は、私の想像ですが、年齢は私と一緒くらいの、脳関係の突発的な病気の後遺症で言語が少し不明瞭になったのではないかな。ご自分でもそれらしい事を言われていたように覚えてます。じっと聴いている私でも内容が時々わからなかったのですが、相手をされたその若い方は、わかりますよ、オール了解ですよと励ますように交信されてました。私、このような若い方は大好きですね~。滋賀県長浜から出ていらっしゃるこの局といつか交信したい、のが、私のデジタル通信での目下の目標です。

wires-xは若い人により長い時間を使ってもらいたいですな~。(私のような初級じじいは隅っこの時間=深夜、未明、昼食時?でよかですバイ。)


その後のデジタル通信(1) [アマチュア無線]

(1)と付けましたが、その後は続くのかどうか不明です。

2月に書きました再開局後の初のデジタル交信の後は、上手くいかない日々が続いてました。前の記事で書いた「2段目」が繋がらない状況が続いております。無線機の表示は取り扱い説明書通りだとその中継局に繋がっただけで私の声は載る筈なのですけどね、時々入感するCQを発した局への応答の試みは不成功ばかりです。

声が載ってない?(表現はこれで良いのか悪いのか・・。)

今使わせてもらっているノード局以外で繋がるところは?とリストを手に接続を試しますが、どこも応答はないようです。2~3局は必ず繋がる筈だと思うのですけど、反応もありません。個人用の使用にしているのでしょうね。

まぁしかし、今使わせていただいているノード局なども設備代も電気代も自分持ちですから、完全なボランティアです。有り難いことですので、こちらの問題はこちらで解決をしなければ、です。

先日の米国の会話が入ってきたのは、どこかで米国と日本が繋がってしまったのでしょうね。関東エリアの局が米国の局から呼ばれました。べつの時間に米国の2局が「じゃぁタックスリーテンへ行こうぜ」と言ってました。タックスリーテン???何それ~??

allja_cq_roomにさえアクセスが出来ない日が続いていたのでしばらく忘れてましたが、そのタックスリーテンという言葉を思い出し、ググってみますと、TAC310というネットがあるようですね。DMRというデジタルモービルレディオというグループもあるようです。北米とヨーロッパにレピーターが多いようです。当然、日本は皆無ですね。近場ではフィリピンかな。

2月中はこの様な日々でした。


3月に入り、「どうする・・デジタル・・」の様な状態が続いておりました。う~む・・続ける?撤退??2月から1週間近くもノーコンタクト状態が続いてました。相変わらずヘッドホンをして聞いていたある日、旧知の九州博多の局が呼んでいてくれて・・あれ、どこかで聞いた事があるコールサインだぞ・・ああ、自分のコールだぁ!と応答しますと、彼はd-starの人ですが、私に合わせて、wires-xのアナログでノードに繋いで呼んでくれたようです。同じく博多の違うもう1局(この局もメインはd-starです)とは翌日電話で連絡を取りながらwires-xで話しました。いろいろ実験にも付き合っていただきました。これまで「声が載ってない」と思っていた状態は、実は声は載っておりました・・のを携帯経由で自分の声を聞いて確かめた次第でした。

ということは・・応答を試みた局にはしかとされた??タイミング悪かった??(皆さん優しい方々だからタイミングでしょうね。)

自信が出来るとそれが電波にも出るのか?翌日、郷里の局が出てましたので、急いで声を掛けまして、少しの間、話せました。でもその日は朝からネットの状態が悪いように思えました(本部のサーバーがダウンした??)ので、交信時間を短くした次第です。でも、故郷の局と交信が出来るのは嬉しいものです。

その翌日だったか、その局を横浜の局が呼んでいました。私は他の事をしながら彼らの交信を聞いていましたが、どうやら横浜の局は私の郷里の同じ区の出身のようです。年は一緒くらいかな?など想像しながらでした。2局の交信が終わったので少し間を置いて、横浜の局を数回呼びましたが、応答はなく、また次の機会を待つことにします。う~ん、この辺りが電話ではないでのもどかしいですね。

相変わらず傍受だけの日々が続きました。なんか、つまらんな~病が復活?

しばらくしたある日、少し夜更かしをしてましたら、突然、あの横浜の局がcqを出されてました。えっ!?急いでいつもお世話になっているNODE局にコネクトして呼んでみましたら、あちらからも応答がありました。(やった~!)

一応の目安の交信時間15分一杯に話せました。私より8才上であること、ご実家は私の実家があったところより500mくらいの場所であること、などを話し、次回の交信を約束してのお別れでした。

いや~、久々に顔が紅潮しました。(がらりと変わった心境で)デジタル・アマチュア無線は楽しいなぁと実感した夜でした。

何と言うのでしょうねぇ・・選んだ人生の都合で故郷を離れた地に住んで、結局はそこが終の棲家になりかけている・・普段の生活は、それなりにやり過ごせば出来るのですけど、望郷の念は年々増していくのかも知れません。

マイ・ノードを持つ・・・・か???

「特化」という言葉・・ [日常]

”特化”という言葉を最近は良くみます。私が目にして覚えているのは20年前・・もっと前かも・・くらいのモービルハムか雑誌CQであったか・・ラジコン技術だったか・・ですが、ある日この言葉が使われ始めました。”特化”~?それなに??

当時は週刊誌を毎週4冊読んでましたが、そこではこの2文字は目にしませんでしたし、購読していた新聞は1紙で、割と目を通していた方だと思いますが、でも、そこでは”特化”なんて見たこともありませんでした。

英語使い方では、especially でしょうなぁ・・知らんけど・・。

これが和訳されてそうなったかも知れませんが、本当はどうだか、これ以上は深追いしてません。

3年前に、郷里の人口100万の市の繁華街の都市銀行の支店に行きました。父親の口座に関する確認作業でした。案内されたのは普段の窓口とは違う所へ案内されました。何だか市役所の支所みたいな感じの所でした。客は私一人。担当は若い女性。少し話すと嫌な人でした。やたら横文字を使います。私が「もういいよ。老婆心ながらで来たけど、僕が言ったことは忘れてくれ」と言いますと、彼女は

「じゃぁ、テンポラリーの手続きで。」(手続きではないだろう!”お”手続きだろう??!!)

私「あんなぁ、またかよ!そのテンポラリーって言葉を理解出来る老人は多くはないよ。僕は仕事上でよく使った言葉だから意味はわかるけど、さっ。」(後ろの仕事をしている振りをしながら耳はダンボの10名くらいの諸君、何とかしろよ、この女子行員を!と思いましたなぁ。)

帰国子女なのでしょうなぁ・・。想像するに、”特化”という言葉、英語に堪能な方が苦し紛れに生み出した言葉??と考えてしまいます。


十勝三俣の珈琲ハウス(北海道) [旅]

mikuni_p.jpg三国峠からの眺めは、原始の北海道はこうであったのではないかと思える景色です。








ある年は、三国峠から糠平温泉方面を目指して南下をしていると左側に、またある年は、十勝平野の鹿追から入って行く然別湖経由(然別湖から先が通行止めになっている可能性もある道)で一部で細くなる道を頑張って走って、糠平温泉付近で広い道に合流して、ひたすら三国峠を目指していますと右側に、


mitsumata.jpg突然「営業中」の看板を掲げたログハウスが目に入ります。お店があるのは三俣という地名だそうです。最初にお店に入った時は数時間お邪魔しました。その時は偶然ゆっくり出来たようです。シホンケーキと紅茶が美味しかったのを覚えています。店内で売っている鹿の落ち角で作った小さな工芸品(アイヌの方の作品ではないそうです)が好きで、毎年数個づつ買い求めておりました。


さて、この三俣という場所は・・

私が今住むのは関西エリアです。毎週土曜日の夜、サンテレビでは北海道の放送局が制作した北海道の旅番組を2~4年遅れで放映してます。2017年に入ってのある週の放送で、このログハウス喫茶店がある辺りは旧士幌線の終着駅の十勝三俣の駅があった場所だと番組の中で紹介されておりました。今頃ですが、ええっ?そうなの~!(まっ、廃線の旅も、時々は”忘れ”ます。)

検索しますと1978年頃まで操車も出来そうな立派な駅があったようです。当時の航空写真も出て来ます。今も気象庁のアメダスでの観測は行われていてデータが出て来ます。

1978年・・私28才かぁ。頑張れバイクで走って行けたかも知れません。でも、まぁ、あの頃は仕事が厳しい時代でしたので、北海道へバイクで行くなんて余裕はありませんでした。


抜海という駅(北海道) [旅]

bakkai.jpg人生に悩んでいる人がよく訪ねる駅だそうです。そんな内容の番組をテレビで放映してました。ある人はプラットホームにじっと座って・・・ある人は待合室で天井を見ながら・・考え込んでおりました。う~む、私とて悩みがない訳ではありません。番組を見ながら一度は行ってみようと思いました。



ある時、行ってみました。が、う~ん、プラットホームも駅舎も私には何も語りかけてくれませんでした。う~む。

流氷が見たくて往復した冬のフェリーの復路が事前案内では定刻だった運航が大幅に到着が遅れてしまい、歩きの客(業界用語で車無しの客は”人力車”と言うらしいです。)の私は着いた先では交通手段がないとのことで、フェリー会社ではタクシー大阪難波まで送ってくれることになり、もう一人、歩きの乗客がいるとのことでした。

フェリー到着後彼と一緒になりました。2人で乗ったタクシー。約2時間の道中で話も少ししました。札幌の若い方で、年齢は28才で転職を2回して、今は就活中だけど、これから四国の八十八カ所を巡る旅に行く積もりであること等を語ってくれました。「そうですかぁ。僕はね、この年まで八十八カ所を巡ろうと思った事がないのですね~。やっぱ、いつか行かんといかんのやろかぁ・・僕はどこかがおかしいのかなぁ・・」と呟いた私・・。彼とは公共交通機関は全て止まった未明の難波の駅でタクシーを降ろされ、そこで別れました。

私、これまで四国の八十八カ所もお伊勢さんにも金比羅さんにも、少し違うけど所謂「城巡り」にも、一度も行こうと思った事がなく67才の今まできております・・変人?凡人の域にさえもまだ達していない?のかも知れません。抜海駅の事は、今も時々思い出しております。


「北浜」駅(北海道) [旅]

世界の鉄道の旅をされている関口知宏さんが、少し前の日本の鉄道(JR)を乗り尽くす旅の番組の時にとても印象に残った駅でした。網走近くの釧網本線の駅です。関口さんが降り立った北浜駅。駅舎の食堂で、美味しそうなソースがかかったハンバーグの定食を食べた関口さんでした。座ったのは一番奥の窓際の席でした。

「いつかあそこに座ってあのハンバーグの定食を食べるバイ」

と心に決めた訳ですが、一番奥の窓際に席に座ってハンバーグ定食を食べるのは何度か実現出来ましたが(ちょっと気難しく見える=失礼)ご主人には未だにお会いできておりません。会って、何かを話す訳でもないのですが・・。

kitahama_st.jpg2015年、もうこちら方面にはこれから先は来ないかもなぁとの気持ちで北浜駅に寄りますと、列車が入ってきました・・ほぉ。これまで何度も寄っていましたが、列車を見たことはありませんでした。これはまた来いよ、なのかな・・。


駅前食堂・・末広食堂(北海道・忠類) [食べる]

suehiro.jpg忠類に寄ったときは必ず行っておりました。(道の駅に車を置いたり、道の駅横のホテルに泊まったりして、1Km位を歩いて行っておりました。)

あれはいつのサッカーのワールド・カップのアジア予選の時だったのだろう・・お店に入った時は「オーストラリア対日本」の試合がテレビ放映されていました。この時は確か2度目に行った時だったと思います。客は、数人。近所の若い人達なのか、それぞれの席に自分用の焼酎と氷を入れた容器を置いて、酒の肴でテレビ観戦をしているところでした。

私はカウンターでビールと野菜炒め定食をお願いして、最初は横目で、途中から身体をテレビへ向けて試合を観ておりました。試合での日本はなかなか厳しい状況だったと覚えてます。後半に、日本に点が入り日本の勝利でした。「イェーイ」と若者達ともハイタッチをして日本の勝利を喜び合いました。

その後、カウンター席で野菜炒め定食を食べ続けておりましたら、それまで調理場で黙々と包丁で何かをさばいていたお店のご主人は、包丁の手を突然止めて顔を上げ、

「お客さん、去年も来ましたよね?」

と訊いてきました。私は「はい。」。それだけの会話でしたが、なんだかそれがとても嬉しくて、以後も毎年通ったものです。北海道を回るコースが変わったこともあり、2013年が最後でしたか。元々は「忠類」の駅前食堂だった筈です。

鉄道が廃線になりますと、町はどんどん寂れていきますね。検索(「隠密麺食い師・・」のブログは北海道の蕎麦の旅の時に参考にさせていただいておりました。)しましたら、お店は平成27年頃に閉められたようです。残念です。