So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2017年02月 |2017年03月 ブログトップ
前の10件 | -

デジタル(C4FM)初交信(QSO) [アマチュア無線]

ft1d.jpg2月某日(最終日ですけどね)、早朝の歩きから帰ってきて、気温は低かったけど、空気は春だったわいと呟きながらテレビスイッチを入れてニュースに合わせて、ああ、そうだ、前夜見つけたアクセス可能らしきデジタルのノードの周波数を聞いてみようと、リビングに置いていたハンディ・トランシーバの電源を入れて台所でごそごそしてましたら、今日のニュースは海外ニュースばかりかい?聞こえてくるのは英語みたいな言葉ばかりだなぁ・・でも、遠目のテレビ画面には日本人のアナウンサーが喋ってました。

何?この外国語は?テレビに近づいてみますと、外国語はテレビではなくトランシーバからでした。小さな画面に次々に出ているコールサインをPCに打ち込んで追いかけてみますとイギリスアメリカ東部の局が話してます。えっ?

それが終わると、ニューヨークの局が出て来ました。時間と共に徐々に局のエリアが西の方に移っていきます。最終的には西海岸のサンフランシスコの局まで出てきました。試しにエイヤーと呼んでみますが・・反応はなし。もしここにアクセス出来たら彼らに私の声が聞こえるということ??うそ~!!でした。

朝食が終わり、さーて今日はデジタル通信の見習い日じゃわい、wires-xの取説を見ながらの「お勉強」の開始でした。どうやら、先ほどの試しcallは、全く駄目なことをしていたというのがわかり始め、2つの壁をクリアでしたら、国内の局とでも出来るらしいというのが昼頃に解ってきて、1段目へのコネクトは出来ましたが、もう一つの壁がね。時間が経過・・。ここで、昼ご飯でした。

どうやらその先のルームという所まで行かないと駄目みたいだなぁ・・。「じいさん(=私の事ね)、がんばれ」と叱咤激励をしながら、更にwires-xの説明書を読み進みました。既に、時刻は15時過ぎ。やっと2段目へのコネクトが出来て、いけそうだぜぃと待機しました。どなたか出てこないかな・・と待つこと10分。CQを出された局が聞こえましたので意を決して呼び掛けましたら、折り返しが返ってきました~!(バンザーーイ。)10分ほどの交信を終えましたが、デジタルでは人生初のQSOです。(ちなみに、今月初旬の再開局後の局数は過日のダイレクトQSOの移動局、今日のノード局経由のデジタル局で2局目という・・少ないですね。)

九州の旧知のアマチュア無線家からはd-starにすれば直ぐ出来るよと言われていたのですが、買ってしまったのはC4FM機だったし。でも、このハンディ・トランシーバが何だか小さな玉手箱のように見えてきました。何でこれでイギリスの、ニューヨークの局が聞こえるんだぁ??祝杯のビールを飲みながら玉手箱の労もねぎらってます。


「飛行場前」という駅 [旅]

2012_hiko.jpg廃線になった北海道鉄道を特集した本を買って北海道の廃線の跡をたどる旅行もしてました。ある日、旧天北線の駅を眺めていたら、「飛行場前」という名の駅を見つけました。飛行場前?・・以前、飛行場があったのか?・・。少しだけ調べますと浅茅野飛行場とも言った旧帝国陸軍の飛行場だったらしいことなどがわかりました。

稚内からオホーツク海に沿って南下してきますと、浅茅野という地名のところがあります。その近辺らしい、だけの情報だけで車で旅行をした時に探してみました。最初は国道から海側に入り探しましたがわかりませんでした。牧場が多いので人影もなく訊けずに諦めました。

国道を渡って内陸側に入って探していますと、建築の重機などが置かれた建設会社で作業中の人影を発見しましたので、車を止めて訊ねますと、今はプラットホームだけが残っていること、教えて下さった社長とおぼしき方(年齢は私と一緒くらい)が高校生の頃に駅舎は火事で焼失したとの事(そうすると40数年前か)、そこから駅跡への道を教えてもらいました。そして途中の道端にあるコンクリートの塊は、旧陸軍病院の跡って聞いてるよ、とも。教えていただいた通りに走り、着いてみると、ホームの跡が残ってました。線路跡は今は自転車道になってます。2008年のことです。左上はその時の写真です。

hiko_hos.jpgこのコンクリート片が陸軍病院の跡・・なのでしょうか・・。








2015_hiko.jpgそれから毎年寄ってます。左は2015年のプラットホーム跡ですが、少しづつ朽ち果てていってます。






wikipediaなどで調べますと、戦後に米軍が撮った航空写真などが出て来ます。建設時には強制労働の話もあったようです。

無線LANのアクセスポイント機器入れ換え。 [日常]


2017年の2月はいろいろな事があります。

2月某日、我が家の無線LANのAPは突然の電波停止でした。電源をリセットするとまた動き出しましたので、ほっとしたのですが、何かの前兆なのかとネットで少し検索してみますと、皆さん、結構壊れているようです。これまで使っていたのは4年くらい前の日本のB社製品でした。新しい機器に入れ換えてみるかとreviewを見ながらI社、B社にこだわらずに値段が安価で性能が良いものを探してみようと検索を続けた結果、T*製を使ってみる事にしました。

価格は安価です。設定は容易です。なかなか良い感じです。かなり古めのapple系ノートPCとAndroidスマホは5GHz組でとても良い感じで繋がってますが、ちょい古めのWindowsノートPC(記事を書いているこれです)と比較的最近の100ドルWindows中華タブレットなどの2.4GHz組の機器は少し「詰まる感じ」(表現が難しいですな~)です。うーむと腕組みでした。やりとりにほんの少しですがストレスを感じます。同じT*製の値段が倍(それでも昔と比較すると安価です)のものがタイムサービスで1000円引きで売ってました。ポチりと。

設定は同じく楽です。箱に2.4GHzと5GHzは同時アクセスとあります。(前の機種には「同時」の記述はなかったと思います。)今回は2.4GHz組もすんなりのやりとりのようです。

ここは、無線LAN激戦区です。SSIDが沢山見えます。それもあっての「詰まり」のだったのかも知れません。このPCの無線LANはこれまでアクセス中によく切れてました。PayPalなどでクレジット決済をやっている最中に切れたりすると、泣きでしたが、PC固有の問題だと思ってました。切れにくくする設定もあるようですが、少しばかりややこしそうなので、パスしてました。今回のAP機器の入れ換え以降、切れることもなくなり、ああそういう事だったのね(どういう事?)と納得した次第です。1週間以上使ってますが、途中で切れた事は一度もありません。


ラーメン亭 無法松(福岡県遠賀郡芦屋町) [食べる]

muhoo_m1.jpg若い頃は朝昼晩3食を豚骨ラーメンでも平気でした。朝からラーメンって?帰省すると、早朝3時か4時頃、実家に置いてあったバイクで長浜へ。長浜の屋台は元々は魚市場で忙しく働く人達の為の屋台でしたので営業は深夜から早朝までした。今は観光地化して当たり前?の時間に開いてますが。朝はここ、昼は老司の一九ラーメン、夜は仲間とどこかで、でしたねぇ・・懐かしい。(長浜ラーメンと博多ラーメンは少しだけ違います。説明はよう出来ませんが。)

10年くらい前(50才代半ば)から外でラーメンを食べなくなりました。年だなぁ・・食べられなくなったのかなぁ・・。ところが数年前のある日曜日に、西から東の方向に車で走っていた北九州の芦屋の競艇場の横の道、あるラーメン店の前を通り過ぎた時に看板と店構えが「美味しいよ~」と語りかけてきましたね。ええ、そうです、語りかけてきました。お店の前の道は交通量がある道ですから停車も出来ません。少し先に左に入る道がありましたので左折して、芦屋の街中を通って左折左折を繰り返して、お店にたどり着きました。お店の裏が駐車場です。

ラーメンと餃子を食べたら・・美味しい!「俺、まだラーメンいけるバイ」と若返ったような気分でした。餃子も「美味しかバイ」。何年も喋ってない博多弁で呟きました。

ご主人が一人のお店です。最初に入った時は厨房が忙しい時でした。私より少し若いおじさん達が客席から突然立ち上がって既に帰った客の丼などの片付けとか、テーブルを拭いたり。私もテーブルを拭いていただきました。その方に注文をしたのですが、後で知ったのは、その方々は店員さんではなく常連のお客さん達だったのです。後刻、恐縮して御礼を言いましたが。(好きだな、こんなお店。)

以来、九州に行く度に寄ってます。ラーメンと餃子のCセット(850円)を注文します。


muhoo_m2.jpg「いけね、撮り忘れた」で撮った一口二口の食べかけのラーメンの画像ですみません。左のお皿は既に餃子を食べて終わってます。

「ブログはフィクションですから・・」 [日常]

関東の裁判での話です。検察の被告人尋問で「あなたはその日のブログにこう書いてあるじゃないですか。それでも覚えがないと言うのですか?」と問われた被告人は「ブログはフィクションですから」と。多分検察側からも反論はなかったと思います。

この裁判の模様をテレビのワイドショーで見ていた私はひっくりかえりました。そうなんだぁブログはフィクションなのか、そうなのか・・何を書いても良いのか・・と、何度も呟いておりました。以後もブログはノンフィクションに限る、とか、ブログは真実のみを書くことを法に記す、なんてこともないようですから、私だけがそう思っていたのか、まぁ衝撃的な裁判でした。

いつかブログを書きたいと思っていた私でしたが、どうも敷居が高いなぁ自分が歩いたりバイクや車で走ってきた道で好きな道について書きたいなとの思いはありましたが、一歩が踏み出せずにおりました。

これで気分は随分と楽になりました。人が生きていく上での守るべき最低限のルール=誹謗中傷、他人を貶める事をしない、をブログでも守れば書き手は書き放題でも読み手が選べばよろしい訳ですね。

大好きな蕎麦屋さん・・阿蘇市「そば処 和」 [食べる]

kazu_gate.jpg和(かず)です。4年~5年、お邪魔してます。昨年(2016)はバイクに掛かりっきり(バイクの項で読んで下さい。)になり阿蘇へはほとんど行けなかったので、お店にもお邪魔出来ませんでした。
少し寒いときは「あつもり」で冷えた身体を温めて、季節が温かいか暑い時は十割のもりそばをいただきます。山かけの山芋はご主人自ら山で掘ったもの、おろし蕎麦の辛み大根は敷地内の畑で出来たものです。柿の葉寿司もあります。ご主人の出身は奈良県の十津川だそうです。店内には大きな十津川の写真が貼ってあります。居心地がとても良いお店です。

書きたくないですが・・かけ蕎麦も絶品です。(あー、教えたくない!)

ブログの勧め・・その1 [日常]

このブログを始めたきっかけは若年性認知症のドキュメンタリー番組の中で、スコットランドの年を召したご婦人が「今日を忘れないためにブログを書いているの」のような事を言われてました。そうかその手があったかと、私も始めた次第です。記憶が怪しくなってきていると思うのだったら進行を遅らせる工夫をすること、ですね。長年使っているプロバイダーにはブログのスペースの供与はなく、ここso-netにはアカウントも持っていて、無料ということもあり場所はここで始めた次第です。

60才を過ぎますと、お風呂というものがとても大事なものであることがわかります。温泉地に居住して自宅でいつも温泉に入れる、あるいは、共同浴場で1日1回でも入浴出来る、であれば言うことはありません。現役を退いたら温泉付きの別荘へ移住する、は理想中の理想です。血行をよくする事がどれほど重要である事なのかを、50才代まで気づきませんでした。若い頃からずっとシャワーだけでした。先輩諸氏もこれほど重要な事を誰も言ってくれませんでした。私はここで言っておきますよ、


60才を過ぎたら毎日お風呂に入り、63才を過ぎたらお風呂を友達にして下さいね~。湯船も毎日綺麗に洗って恩に報いましょう。


今はオートバイに乗る為だけに朝早く(未明です)7Km歩いてます。帰ってきて、2日に1度焼いて冷蔵庫で冷やしているサツマイモを食べ、その後6時前から10分ほど入浴し、体操をしてから朝食というのが毎朝の決め事です。我が家は下*老人家庭ですから、毎朝の水道代とガス代の出費は厳しいと奥さんから最初は言われたのですが、風邪もひかなくなったし、定期的に呼び出されている病院以外はまず病院へ行くこともなくなったので、水道代とガス代は今のところは黙認状態です。

でも、それ以外の時間はネットなどを見ている時間も長いし、時折、買わなくてよいものまでをポチりとしてしまうし、何だかね、でしたが、このブログを始めて1週間くらいが経ってみるとポチりはなし、でした。

あの写真はどこへいった?と複数のPCの中を探してみたり、歩きながら思い出した事を記事にしようと考えていると、そうかあの話とこの話はあそこで繋がっていたのか、と、気づいたり、記事を書いていて、50年前の自分の市民ラジオのコールサインを突然思い出したり、します。脳が活性化しているのか、長らく思い出せなかった62年前の幼稚園の憧れの女の子の「シゲマツ**コちゃん」と「アクタガワ**コちゃん」の名前の**を思い出せましたよ。

棋士の方などの脳の中はそれこそ宇宙のような広さだと思うのですけどね、私などの脳の中は**町2丁目程度であったのではないかな。ブログを始めたら、++市**町2丁目の++市くらいまで拡がったかなと思ってます。

最初の数日はブログの登録だけして、考え込みました。書くことあるかな?書き出したら止まらないと思うけど、ブレーキを踏めるかな、政治と宗教の話は絶対に書かない積もりだけど、出来るか?、炎上したなどとよく聞くけど、そんな時はどうしたら良いのだろうか・・、などなど。

うんうん、目的は一つで、自分で読み返す為の日記だよ、と思うこと。もし気に入らないと他人に言われた時は非公開にすれば良いのです・・で、始めました。1週間経ってみて?・・面白いです。

久しぶりの雑誌「CQ ham radio」 [アマチュア無線]

久しぶりに手にするCQ誌です。2017年3月号。読み込むと言うところまでとてもとてもですが、時々パラパラと眺めてます。申請書を出した後「RBBSなんて今もあるの?」とネットを見ていた時に存在を知ったJT65の記事がまず気になりました。

所帯を持ってから20数年間で3回の引っ越しはすべてはアパート暮らしでしたから、まさにアパマンハムでした。自らも管理組合の理事長も経験しますと、昔のCQ誌に連載されていたアパマンハムの記事のようにベランダから釣り竿アンテナなんて出せる筈もありませでした。HFは、当時の記事にあった外国の局がベランダの手すりに給電していた記事には、そうだよなぁ、これが精一杯だよね、でした。

ですからアパート時代は1.2GHzの5エレくらいをこっそり手すりに取り付けひっそり運用するくらいでした。今はアパートではありませんが、敷地は狭くお隣とも近いし、環境としては以前のアパートと何ら変わらないので、また、こっそりと、ひっそりとなのでしょうが、アンテナをうまくチューンしてやれば、JT65だと10Wもあれば海外とのやりとりも出来るようです。これは魅力だなぁ。いやいや待て待て今回の再開局の目的は「声」だろう?Voiceだろう?・・と、2人の私が頭の中で会話してます。


免許の要らない無線をとことん楽しもう、という特集も面白いですね。あのコールサインはどうやって入手するのだろうか・・。中学生から高校生の頃の趣味だったの登山の緊急連絡用に所有していた2chのCB無線のコールサインは「福岡6**0」でした。確か当時の九州の電波監理局に申請して交付されたのではなかったかな。そんな事を思い出しました。
免許の要らない無線・・いろいろな所に移動して運用されているようですね。楽しそうです。

さらに調べると、市民ラジオは全部で8chだそうです。最初は26.968MHzから始まり次は26.976MHz・・って、まさに当時のCB無線のA&Bバンドではないですか!そうそう、出力は500mWでした。今もチャンネルは増えて続いていたのですね。コールサインは昔のコールサインを便宜的に使ったり自分で作って運用しているとか。今、福岡に住んでいれば「福岡6**0」は使えたのか・・ここは福岡じゃないから残念。ただ無線機そのものの入手が難しいようですね。


広告を見ていて、北辰産業(マルドル・アンテナ)の広告がないなぁと思い検索してみますと廃業されているそうですね。最初に横浜の独身寮の屋上に上げたのはマルドルのディスコーン・アンテナでした。それから九州に転勤して結婚し所帯を持ってから4度の引っ越しをしました。都度バラしたままで保管しそのまま次に運んで・・、今の家まで持って来ていたと思ってたのですが、今回の再開局を機に探してみましたが、見当たらず、いずれかの引っ越しの時に処分してしまったようです。144MHzと430MHzでワイドにフラットなSWRで優秀なアンテナだった記憶です。安価で意欲的な製品を出していた会社だったと覚えてます。

駅蕎麦・・稚内駅、音威子府駅 [食べる]

雑誌で知った「稚内駅の立ち食い蕎麦」と音威子府駅の黒い蕎麦を食べようと、ひたすら車を走らせたのは2008年でした。写真のタイムスタンプを見ると、稚内は朝の7時過ぎ、音威子府は同じ日のお昼過ぎでしたので、先に稚内に寄ったようです。(この年のテーマは駅前食堂と駅蕎麦だったかな。)

wakkanai_eki.jpg稚内の駅蕎麦・・日本最北端の駅蕎麦ということで、少しかしこまって食べたことを覚えてます。食べてましたら、飼い主の男性を引っ張るようにゴールデン(犬)がお店の窓越しに顔だけ出して「ウォン」とお店の中のご婦人に何かをねだるような仕草をしました。ご婦人は犬の名前を呼ぶと「はいっ」と、多分油揚かな、を渡すと、その犬は一口で食べて、また何事もなかったかのようにご主人を引っ張るように散歩に復帰して去っていきました。ゴールデンの毎朝の決まり事だったのでしょうね。微笑ましい光景でした。近年、稚内駅は改装されてお洒落な建物に変わってます。この蕎麦屋さんが新しい駅の中にあるのかはあれからは寄っていないのでわかりません。


otoineppu.jpg稚内の駅蕎麦を食べて、途中で寄り道をしながら音威子府駅へ。お昼はここの黒い色の蕎麦を、だったのでしょう。奥様?が注文をとり、ご主人が蕎麦の調理の段取りをしていたように覚えてます。蕎麦の色は黒いのですが、味は蕎麦に変わりなく「おお、しかし色は黒い蕎麦だ」と呟きながら食べた記憶です。(ネットを見ますと2016の記事ではご主人も奥様?もお元気そうで、何よりです。開店は10時だそうです。)


落葉きのこ蕎麦。(旅先で自分でアレンジ) [食べる]

rakuyo_no.jpgこの年は出遅れて?北海道に着いた頃は、初秋の北海道の蕎麦屋さんで食べられる「落葉きのこ蕎麦」はもう終わってました。オホーツクの知人にそんな話をするとこれから山に採りに行こうと誘われ行ってみましたが、その時はみつからず。彼は翌朝一人で山に入って採ったそうで、塩水での下処理もしていただいたものをいただきました。車のクーラーボックスへ。「やっぱ温蕎麦の上に、だよね」と、翌日、スーパーレンジ温める蕎麦を買い求め、それに茹でた落葉きのこを載せて海岸でオホーツク海を見ながら食べました。美味しかったです。(写真には箸が写ってます。一口食べて、いけね写真を撮っておこうと思いついて撮った写真しか残ってませんでした。綺麗じゃなくてすみませんね。)

前の10件 | -
-|2017年02月 |2017年03月 ブログトップ