So-net無料ブログ作成

2018年スーパー・ボウル(の日) [日常]


(の題名ですが、試合内容の話は少しだけです。)

2018年2/5・・2017年からのアメリカン・フットボールのシーズンが終わってしまいました。頂上決戦のスーパー・ボウルは日本時間の2/5の朝でした。試合の中継があった時間帯は私は病院におりました。(1月に書いたのですが、贔屓のバイキングスが負けたので同日の病院行きは休まずに)3ヶ月毎に呼び出されている検査と診察の為です。帰宅後に録画再生でのスーパー・ボウル観戦を予定としました。



しかし・・インフルエンザ菌が蔓延しているであろうの(総合)病院内で、老人のマスク着用率は何と低いことか。少々びっくり!です。(老人には必要だと思うけど!?)

検査が4つ。血液検査の結果から、担当医師との問答も毎度同じような感じです。(医師)「塩分を控えて肉類は余り食べないように。」(私)「食べてませんよ。牛肉は去年の9月の結婚記念日以来口にしてませんって。豚肉も1週間に1度くらい。鶏肉は食べる習慣がないし。ウチは貧乏だしね。」相変わらず、減らず口をたたく私。(10日に一度、16個ほどのカキ・フライを食べていることは内緒だぜぃ。)(医師)「じゃあ、次は5月に。」(私)「えっ、もう終わりぃ?」

寒い日でしてね、片道の距離で1Km少しを自転車で往復したのですが、朝はもちろん、正午過ぎの(わずかに上り勾配の)帰り道でもダウンを着て(老人なりの)全速力で走っても汗もかかなかったくらいでした。(最高気温が+4℃でした。)「なんで病院ってあれほどの待ち時間が必要なんだ・・。」とぶつぶつ言いながらペダルをこいでおりました。でも、途中のスーパーで生牡蠣がニューキュッパで売っていたので、うふふ。

帰宅後、昼食の野菜ラーメンを自分作って食べて、いよいよのフットボール観戦を。ハーフ・タイムくらいまでの再生が終わるまでニュースは見ないようにして。(だって、「スーパー・ボウルを制したのは・・」を知ってしまうと録画観戦の楽しみが台無しですからね。)

試合開始前の国家斉唱はP!nk・・う~む・・なして?調べるとイーグルスの本拠地フィラデルフィア出身でした。恒例の国家斉唱の終わりと同時に「ドーン」と真上を通過する空軍か海軍の4機編隊の通過は今年はドームだからなのか、少し離れたところ飛んでおりました。(それでも飛んだ。)

病院というところは疲れます。検査、診察の度の待ち時間、会計時の待ち時間。立って待ったり座って待ったり。(全く余計なお世話ですが)待ち時間に目に入る他人の人生を想像してみたり、自分に当てはめてみたり・・。帰宅直後は元気でも、床暖房で寝転がっての観戦が1時間を過ぎる頃には意識が朦朧としてきましたので再生を止めて、昼寝をしたら2時間ほどぐっすりでした。

16時に起きて続きを観始めます。録画の残り時間は2時間くらいあります。早くしないと、夜のニュースを見られません。ハーフタイム・ショー(ジャスティン・ティンバーレイク)は早送りで。ここまではイーグルスの勝ちできていました。

イーグルスの2番手QB(クォーター・バック=攻撃の司令塔)のニック・フォールズ、頑張れ!後半開始です。最後の数十秒の攻防はスリルあるものでした。結果はスーパー・ボウル連覇を狙ったペイトリオッツをイーグルスが下して球団初のスーパー・ボウル制覇でした。MVPはQBのニック・フォールズでした。来期は怪我から復帰のカーソン・ウェンツが主QBに復帰するでしょうから、どこか他のチームで主QBをするのでしょうなぁ。

アメリカン・フットボールのシーズンも終わりました。BS日*レで毎週放映され楽しく拝見していたオードリーのお二人の番組「NFL倶楽部」も来週で終わりだと思うと、寂しいものです。でも、この度、若林さんが出されたアメフトの解説本の縁で、先週発売の文春砲(!)の阿川佐和子さんの対談ページにお二人でお出になり、M1以来のファンである私は嬉しうございます。(若林さんの熱愛報道。南沢さんは私の大好きな女優さんです。WO*OWドラマ「下町ボブスレー」、某E*レの小難しい人(すみません)の横で長期によく頑張っておられます。「南沢さん、あんたええ人なんやなぁ」でもあります。)

さーて、アメフトが終わった・・プロ野球の始まりです。昨年、長らくファンであった阪神タイガースを「諦め」、今年から日ハムの応援をします。他は時々のリーガ・エスパニョーラとゴルフは全英オープンだけで、9月開始の来シーズンのアメフトを待つ予定です。

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。