So-net無料ブログ作成

Acer AS 5741#1(#1=1号機)の復活プロジェクト・・その4 [他]


一瞬頭をよぎった事で、今動いている5741#2からキーボード・ユニットを外して取り付けてみる??でもさぁ、今無事に動いているものから取り外して・・か?・・う~む、冒険はしたくないというのが、私の小心なところではあります。でも・・。やりたくないけどやってみたーい・・どっちやねーーん・・。キーボード・ユニットの取り外しには熟達もしてきてはいる(=自己満足程度だけど)けど・・

ブレーク、ブレーク。こんな時は朝のウォーキング中に考える事にしました。

そして・・まっ、作業ではケースなどにも傷つけないレベルにもなった事だし、正常に作動中の5741#2(これです)から、キーボード・ユニットだけを外して、問題ないであろうと1年間思い込んでいた5741#1のキーボード・ユニットと”念の為”入れ換えてみました。電源を入れてみます。BIOSが立ち上がる時に「F2キー」をちょんちょんと叩いてみますと、BIOSの設定に入れました・・。


「するってぇと何かい?!?液晶画面だけの被害だけであろう、キーボード・ユニットは問題ないであろうと、1年間思い込んでいた5741#1のキーボード・ユニットは”実は”麦茶こぼしの被害を受けていたのかぃ?!?」


立ち上がったBIOSは完全にリセットされてました。日付は01/01/2009でした。「なしてさぁ??どこかでショートしたのぉ??」(<-後述の理由あり。)BIOSを設定して、HDDも保存していた5741#1のオリジナルHDDを取り付けて電源をONにしてみますと、おお!お茶こぼし時まで使っていたWindows10が立ち上がりました・・懐かしい、素晴らしい・・。


じゃあさ、やはりキーボード・ユニットは「実はダメだった」のは本当なのかい?!


ちょっとしつこいフレーズが続いてます。(思い込みはダメよ、ですね。)

そのようです。新しいキーボード・ユニットが要るので、これもオークションで安価な、配列は一緒ですけど、キー部分の構造が少し違う日本語キーボードを入手して取り付ける事にしました。(”取り外しモノ”より新品の方がトラブルは避けられると思います。)しかし、BIOSで設定した日付が電源を落とす度に01/01/2009に戻っている場合が”多い”ようです。うーむ・・日付保持バッテリーがあれば原因はそれだわー・・ぞんなボタン電池って、あったっけ?記憶に無いけどなぁ・・また蓋をめくるのかい・・うーむ。


as5741_1.jpgネットで分解記事を見ますと、小さめの日付保持用ボタン電池は確かにあります。「aspire 5741 cmos battery」で検索しますと、外国のサイトのeb*yで互い違いに+-端子が出たバッテリーが出て来ます。ケーブルとかコネクターはなしです。これなのか?これは実物を見なければいかんよね・・で、蓋をめくるました。ありましたね~!私の記憶のいい加減なこと!左の画像の黄色い矢印の先の橙色の丸がそのバッテリーです。



as5741_2.jpgSANYO(おお!バッテリー関係では世界でTOP企業だったと思います。)のML1220を使っているようです。無電源の状態の基板の状態で+-端子を測ると、2.54Vありました。バッテリーを外して測ると1.7V付近です。2.54Vは出来すぎ時?の値で、落ち着く電圧の1.7Vじゃ日時の保持は無理なのでしょうね。それで、調子がよい時は日付を保持出来ていたのでしょうね。カタログのデータを見ていると、2.5V以上必要なような気がします。1年以上バッテリーを外していたり、電源を抜いていたら「抜ける」(タイヤの空気圧みたいな表現ですみません.。やっぱ、放電?)ようですね。お茶こぼしから1年は無電源状態でした。(今回、もう少し充電状態を続けたらいけたかも・・。でも、この機に交換した方がよろしいかと。)

バッテリーの直径は13mm付近、厚さは2mm付近のようです。オークションにそれらしいものが出ていましたが、ama*onにデータ付きのPA*AS*NIC製ML1220が出ておりました。直径は12.5mmで厚さは2mmだそうです。早速ぽちりでした。(届くまで1日掛かります。作業中断は7/21)

(その5へ続く・・のか・・。)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

kan

いい展開ですね。
私はASUSの安物PCがトラブっていて目下苦戦中です。
by kan (2017-07-25 09:53) 

さーちゃん

じいさん、暇だし、朝から晩まで、掛かりっきりした。
楽しかった~、です。ASUS・・私の好きなメーカーです、
頑張って下さい。
by さーちゃん (2017-07-25 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0